business

時間がかかる問題

外国ですので会社設立に時間がかかります

現代の世界は資本主義が主流となっている背景もあり、企業の設立は外国であっても行う事が出来る様になってきました。 ここで重要なのはその会社設立をしようとする国のルール、つまり会社設立などに関する法律に関して詳しくなる必要と、尚且つ問題点などをクリアしていく必要性があるという事です。 そして今回の題材は「インドネシア」です。 インドネシアでの会社設立には、様々な規制があります。 例えれば国防産業への外資参入を禁じたり、時には投資が閉鎖される事がインドネシア側の政府などで命じられる場合などがあるなど、基本的な規制と同じです。 他にも地域の限定や外資の比率などの細かいルールが規定されています。 これを1人で全てを理解して、尚且つ滞りなく行っていくというのは大変な事です。

日本では外国での設立を請け負うサービスがあります

1人では難しい、または中小企業の人員だけでは難しい、と言える現地の法的なルールに照らし合わせて問題なく運営していく為の知識や方針というのは簡単に得られるモノではありません。 何より現地は国であり、世界情勢次第では法改正が発生して状況が一変する事もありえます。 この様な部分に対して専門家や代行サービスがあれば、という需要により生まれた外国現地での会社設立代行サービスなどが日本にもあります。 これは、現地のコーディネーターや法律の専門家などが所属する設立サービス企業などが請け負う形で、現地での会社設立、そして今後の法的な問題の相談などを受けるなどの契約を持つスタイルです。 費用は規模や内容やプランによりまちまちです。 ですが、万全を期すならばこの手段が好ましく、現地に詳しくなる為の専門家の知識の受講の積み立てとする事が出来るなどのメリットがあります。 インドネシアも会社設立でのルールが多々あり、何より現地言語での翻訳に時間がかかる点などを踏まえても、このサービスを利用する事は念頭に置くのも大切な事と言えます。